廃液バッグカバーの「貼れ晴れシート」が話題です。

MCC_logo一般財団法人ものづくり医療コンソーシアム お知らせ

 

廃液バッグカバーの「貼れ晴れシート」が話題です。

 

貼れ晴れシートは、大阪市立大学医学部附属病院の看護師のみなさんが、

いろいろな大きさのドレーン(廃液)バッグに使え、

廃液や排せつ物を外から見られなくして、

プライバシー保護ができるカバーのニーズを出されたことから始まりました。

ニーズ発表会に参加された企業の中から、

(有)ケイエスシステム社がバッグの外側からペタッと貼りつけ、

しかも使い捨てできるタイプのシートのアイデア提案がありました。

幾たびかの話し合いによる改良によって、遂に製品化がおこなわれ、

平成27年12月5日におこなわれた第3回大阪府看護学会の発表会で、

貼れ晴れシートは最多の得票を得て優秀賞に輝くことになりました。

また、貼れ晴れシートがどのようにして生まれたかについては、

日刊工業新聞にもくわしく紹介されていますので参照ください。

news20151228貼れ晴れシート発表最終2_ページ_02貼れ晴れシート発表最終2_ページ_10