CMC企業見学会レポート① 大東市 川村義肢株式会社を訪問見学

MCC_logo一般財団法人ものづくり医療コンソーシアム イベントレポート

 

一般財団法人ものづくり医療コンソーシアムの企業見学会レポート その①

― 大東市 川村義肢株式会社を訪問見学 ―

平成28年3月3日(木)、ものづくり医療コンソーシアムの会員企業メンバーが、麗らかな陽光の下でJR住道駅に集まってきました。川村義肢(株)さんへの予定参加者は17名なのですが、何故か10名くらいしか集まっていません。13時発のシャトルバスの運転手さんに数分だけ待ってもらい、駆けつけて来られた方1名を乗せていざ出発です。

バスは10分程で川村義肢(株)さんの玄関前に到着しましたが、足にハンディキャップのある方にはバスはとても助かる交通手段と思いました。バスを利用しなかった参加者も全員が到着済みでホッと一安心です。

バタバタと玄関を入って受付に行きますと、笑顔いっぱいの渡邉貴世さん(広報ご担当)にお迎えいただきました。渡邉さんの誘導で2階の会議室に行くことになりますが、その前に「お手洗いは大丈夫ですか?」、「2階に上がるのに階段は大丈夫ですか?」とのお気遣いの言葉をいただきました。日ごろからこのように障害ある方に配慮されていると知り、会社見学が始まる前に感激してしまいました。

会議室で約20分間、渡邉さんからオリエンテーションを受けたのち、2班に分かれて工場の3階と2階、歴史展示室、ショールームを見学させていただきました。

工場の見学では、義肢装具士など多くの有資格者が、さまざまな製品の製造あるいはメンテナンスに取り組まれ、90%はオーダーメイド作業との説明を裏付ける現場の様子に感じました。歴史展示室ではまさしく義肢の歴史が展示され、工夫や改良が今日の義肢につながっていることを示していました。

見学を終えて会議室にもどり、最後は同社の代表取締役 川村 慶社長によるご挨拶と会社説明をお聞きしました。心身にフィットする義肢を障害者の目線で考えること、CSは大切なことであるがESはより大切であるとのお考えをお聞きすることが出来ました。

(同日、(株)アオキさんの会社見学を行いましたが、その紹介はあらためて報告します)