平成30年度 医療ものづくり勉強会を開催しました。

MCC_logo一般財団法人ものづくり医療コンソーシアム イベントレポート

平成30年度 医療ものづくり勉強会を開催しました。

平成30年11月5日(月)
大阪市立大学医学部学舎4階小講義室2で標記勉強会が開催され、72名の参加者がありました。
内訳は工学部を含むアカデミア会員から46名、企業会員から26名でした。
 大畑代表理事より開会のご挨拶を頂き、柴田理事より6月に出席された医療機器寺子屋での報告を兼ねて
当コンソーシアムでのニーズ収集やニーズ・シーズ発表会が現在、医療機器開発のゴールデンスタンダードとされているバイオデザインのアプローチより効率的であることを述べられました。
また医療系ものづくりは難しいという「思い違い」を打破すべく、ご自身が取り組んでおられるフレックスパンダー開発の経緯と今後の展望についても紹介されました。
 臨床研究・イノベーション推進センター イノベーション創出分野長、医薬品・食品効能評価学教授の
日下部先生からは、同センターが進めるイノベーション創出支援スキームの概要についてご説明をいただきました。「レギュレーションを制する者はイノベーションを制する」として、医療機器等の画期的新製品の開発のカギは、規制やルールを熟知することにあること、そして、関係者相互の緊密なコミュニケーションを持つこと、チャレンジ精神を持つことの重要性を強調されました。
 若林シニアURA、町田知財担当URAより大阪市立大学URAセンターの組織体制と業務や依頼・相談等から始まる共同研究などの流れについてご紹介頂き、産学官連携に関する研究契約の制度や共同研究により発生した知的財産(特許、実用新案、意匠など)の意義と取り扱いについて説明がありました。
大阪市大と当コンソーシアムとは産学官連携基本協定が締結されているので、ものづくりに対してこのような支援体制があることを知って頂き、活用して頂きたいとの事でした。
 今回のまとめとして柴田理事より、今後は善意と奉仕ではなく、契約に基づいて開発を進めて行くためのルール作りや院内活動の為のルール作りが充実しつつあることを述べられました。
また早期の見極めと失敗を恐れず、失敗から学ぶことがものづくりには大切であると結ばれました。 
全体的な質疑応答は医師以外の医療従事者との契約やインセンティブに関するものでした。
 最後に大島副理事長のご挨拶により閉会となりました。

  

大正・港・西淀川ものづくり展示会を主催しました

MCC_logo一般財団法人ものづくり医療コンソーシアム イベントレポート

大正・港・西淀川ものづくり展示会を主催しました

平成30年10月31日(水)、大阪産業創造館(産創館)で大正・港ものづくり事業実行委員会、西淀川ものづくりまつり実行委員会と当コンソーシアムが主催し、標記展示会を開催しました。 
この展示会は今年で2回目になりました。新たに西淀川ものづくりまつり実行委員会が加わり、
出展数、参加者数共に増加しています。
当コンソーシアムから会員企業である(株)大阪そふと、(有)ケイエスシステム、(株)坂本モデル、(株)ワールドエンジニアリング、ダイセイ(株)、福地金属(株)と(株)オーゼットケー7社が出展協力しました。
また展示会と同時にセミナーが開催され、当コンソーシアムから青木会長理事、片岡理事、森下理事による「ものづくりのサムライたちが医療に挑戦」~ものづくり医療コンソーシアムの挑戦と成果報告~と題した講演を行いました。 
会長理事からコンソーシアム創立の経緯から会員の心構えとして信じられる仲間達との出会いとお互いの気遣いが根本であること。そのためには心身共に健全に努めることを述べられました。
片岡理事から貼れ晴れシート、森下理事からフレックスパンダー開発の経緯と「おもい」を紹介されました。
当コンソーシアム以外ではロボット介護機器、プロダクトデザインやサイバーセキュリティなど話題満載のセミナーでした。
最後に会長理事を囲み、出展関係者ならびに会員参加者で記念撮影をし、和やかに終了しました。
平成30年10月31日(水)、大阪産業創造館(産創館)で大正・港ものづくり事業実行委員会、西淀川ものづくりまつり実行委員会と当コンソーシアムが主催し、標記展示会を開催しました。 
この展示会は今年で2回目になりました。新たに西淀川ものづくりまつり実行委員会が加わり、
出展数、参加者数共に増加しています。
当コンソーシアムから会員企業である(株)大阪そふと、(有)ケイエスシステム、(株)坂本モデル、(株)ワールドエンジニアリング、ダイセイ(株)、福地金属(株)と(株)オーゼットケー7社が出展協力しました。
また展示会と同時にセミナーが開催され、当コンソーシアムから青木会長理事、片岡理事、森下理事による「ものづくりのサムライたちが医療に挑戦」~ものづくり医療コンソーシアムの挑戦と成果報告~と題した講演を行いました。 
会長理事からコンソーシアム創立の経緯から会員の心構えとして信じられる仲間達との出会いとお互いの気遣いが根本であること。そのためには心身共に健全に努めることを述べられました。
片岡理事から貼れ晴れシート、森下理事からフレックスパンダー開発の経緯と「おもい」を紹介されました。
当コンソーシアム以外ではロボット介護機器、プロダクトデザインやサイバーセキュリティなど話題満載のセミナーでした。
最後に会長理事を囲み、出展関係者ならびに会員参加者で記念撮影をし、和やかに終了しました。

 

平成30年度 公益財団法人大阪難病研究財団医学研究助成金

MCC_logo一般財団法人ものづくり医療コンソーシアム イベントレポート

平成30年度 公益財団法人大阪難病研究財団医学研究助成金贈呈式

平成30 年10 月18 日(木)、阪和記念会館講堂での標記贈呈式に
当コンソーシアムの大畑代表理事、柴田理事そして企業部会の代表として平理事がご出席されました。
大阪難病研究財団より
「難病克服に向けての医療機器開発事業の推進」委託研究として、当コンソーシアムが採択されました。
また若手研究者を対象とした難病に関する医学研究助成に、
43 の研究課題と2 つの国際交流に関する研究課題が採択されました。
その中には当コンソーシアム会員の代謝内分泌病態内科学の越智先生、
皮膚病態学の葛谷先生、整形外科学の嶋谷先生、呼吸器内科学の松本先生の研究課題が含まれています。
皮膚病態学の葛谷先生が受贈者を代表してご挨拶されました。
その後、徳島大学大学院医歯薬学研究部 分子難病学の福井特任教授より
「難治性疾患の病理機構に向かう新しい薬理学」について特別講義があり、贈呈式を終えました。
その後の懇親会では西澤前大阪市立大学長も参加され、
当コンソーシアムのメンバーや受贈者皆さん方との交流を深めておられました。

 

第6回  「大正ものづくりフェスタ」に出展しました

MCC_logo一般財団法人ものづくり医療コンソーシアム イベントレポート

大正ものづくりフェスタへの出展

平成30年8月4日(土)、大正区役所で行われた「大正ものづくりフェスタ」に当コンソーシアムが支援機関として今年も参加しました。
このフェスタは大正区のものづくり中小企業様が中心となり、地域の子供たちにものづくりに興味を持ってもらい、地域の活性化に繋げようと6年前から取り組んでおられます。今年も工夫を凝らした様々な催し物を繰り広げていました。当コンソーシアムの評議員である木幡 巌氏が実行委員長を務めています。
当日は37度を超える猛暑の中、大正区の多くの子供たちや父兄、区民の皆様で大変なにぎわいでした。
当コンソーシアム会員の吉川化成様にブース展示と自社製品を使ったお子様向けの催し物を提供して頂き、参加者から大好評でした。